So-net無料ブログ作成
人気ブログランキングへ
br_decobanner_20100130163735.gif

毎度恒例「登山でだまされる」岩谷観音~高尾山~~~の縦走 その4(完結編)

※最初に。
 今回のブログ記事の写真は水3リットル抱えたMちゃんが
 すべて撮影してくれました。
 さくたろうはまったく写真撮ってません。
 ゆえに、リタイア以降は写真がないのでご了承くださいませ。
 Mちゃんありがと~[揺れるハート]


==========


落胆が、怒りに変わった瞬間。



さくたろうの足が止まった。



と、同時に、旧友のKちゃんが座り込み、

「もうダメ~。登山なめとったわ~。
 ごめんなさい~[もうやだ~(悲しい顔)]



キ、キター(*ノε` )σ



チャンス到来[るんるん]



「うんうん。そうよね。
 私もムリだわ」


(声をそろえて)
「私たちリタイアします[exclamation×2]
(おし!決まった[手(チョキ)]



そこから調整に時間がかかったのは、
大いに反省する点だわね。


まず先発チームはずいぶん先を歩いていた。
そこに連絡しなければ。

そして帰り道がわからない。
もはや来た道を帰るつもりは
みじんもないわけで。



その間、先発隊に足止めさせてしまったうえに、
心配した一部の方を引き戻してしまいました。
ほんと、猛省[ふらふら]
ごめんなさい[あせあせ(飛び散る汗)]



けっきょく帰り道は、
100mほど手前の分岐点で休憩していた
見ず知らずの初老のおじさまに
おばちゃん力全開で助けを求めたら、
こころよく同行してくださることになりました。



ほぼ毎週この山に登山に来られる方らしく、
「あそこは、タマミズキの花が満開になるよ」
とか、
「カサブランカの球根植えたら盗られてた」
とか、
「この山けっこう死亡事件があって…」[がく~(落胆した顔)]
とか、
楽しく(?)会話しながら、
みくまり峡のキャンプ場までご一緒していただきました。



その頃、先発部隊はどこまで行ったのか?
残されたのは写真のみで、
お荷物2人組が脱落したので
当初の予定の呉娑々宇山まで行ったのか、
お荷物2人組に時間を取られたため、
テング岩で引き返したのか。



岩谷観音縦走18.JPG

はあはあ。
既に亡き者とされている。



先発隊にくっついてったふう[犬]は、
岩谷観音縦走19.JPG

おやつくれる人を物色中。



さらに
岩谷観音縦走20.JPG

次の飼い主も物色中。
(心なしか笑顔ですがな)



一方、みくまり峡キャンプ場まで帰った
さくたろうとKちゃんは、

案内していただいたおじさまと別れ、

やっと遅いお弁当タイム[るんるん]


そこでは反省会や
離れてしまったふう[犬]を案じることなど、
一切なく
(ちなみにらん[犬]はリタイアチームに同行。
 案内していただいたおじさまが
 「まあこの子はよう付いてくるねー、かわいいねー
 癒されるよ」
 と、おじさまの癒しに一役買ってくれました)

波乱に満ちたKちゃん家族の大事件の話に
花が咲き、
挙句、おじさまとの別れ際に頂いた
栗を使って、
フォトジェニック(←最近覚えた言葉)な撮影会に興じる。

岩谷観音縦走25.JPG



おしゃべりを続けながら、一足先に
みくまり峡駐車場で、
健脚の皆様の帰りを待っていると…。



あ。帰ってきた。

岩谷観音縦走23.JPG


岩谷観音縦走22.JPG

どうやら、次の飼い主候補を決めた後だったらしい。



大して歓迎もしてくれず、
唖然としてた。(笑)



健脚チームは下山して1時間後には、
テニスコートを予約してるとか。



ええ。ええ。
ほんと、付き合いきれません。
さくたろうにはムリでございます。



でも旧友Kちゃんは、
この日、登山部に入部し(途中リタイアなので仮部員)
さらに念願のテニス部にも入部予定らしい。



ながらく続いた登山の記事もこれにて完結でございます。




人気ブログランキングへ

広島ブログ




とにかくリタイアしたことで、
皆さんにご迷惑をおかけし、
申し訳ございませんでした。



もう二度と
岩谷観音縦走12.JPG
なんて言いません。


nice!(0)  コメント(0) 

毎度恒例「登山でだまされる」岩谷観音~高尾山~~~の縦走 その3 [ワンコ]

前記事の最後に
不適切な記載があったことをお詫び申し上げます。


そう。これ。
岩谷観音縦走12.JPG



さて、岩谷観音山頂の次は、
お隣の高尾山山頂。

岩谷観音縦走14.JPG

こんなしょぼい山頂から、
次はどこへ連れて行こうというのか。

相変わらず部長(いや部長の飼い主)は
悪魔の笑みを浮かべながら、

岩谷観音縦走9.JPG

「もうちょっと」って[あせあせ(飛び散る汗)]



ここで今さらのご紹介。

我が家の愛犬1号ふう[犬]

岩谷観音縦走151.JPG

ツンデレなおばあちゃん犬。
山登りも好きなのか嫌いなのか不明。

登山の際は、リード装着するも、さくたろう青息吐息で、
リード持ってる場合じゃなくなり、
いつも我が登山部の誰かにリードを託します。



愛犬2号らん[犬]

岩谷観音縦走152.JPG

山登りがあまりに楽しくて好きすぎて、
リードはフリー。
決して群れからははみ出さず、
かと言って人間の歩調に合わせるには、
楽しさと嬉しさが表現しきれず、
四六時中群れの前後左右を行ったり来たり。
結果、人間の3倍の距離を走破するツワモノ。

別の登山者が来たら、
我が登山部の誰かが気をきかせてリードを持ってくださる。

歩調がゆっくりになったら、
我が登山部の誰かが抱っこしてくださる。



まあ要するに、
さくたろう犬連れではありますが、
いつも誰かがお世話してくださり、
ほぼノータッチであります。

みんな、ありがとう[揺れるハート]



で、しばらく歩くと休憩。

岩谷観音縦走15.JPG

岩谷観音縦走8.JPG


岩谷観音縦走9.JPG



どうも、トップ会談により、
目的地は、
呉娑々宇(ごさそう)山から、
その手前のテング岩に変更されたらしい。

理由は明白。
さくたろうはじめ、
旧友のKちゃんが足を引っ張っていたからに他ならない。(笑)



にしても、どこまで続くか分からない。

似島のときも登山をなめきっていて
ひどいめにあったが、

今回も『縦走』におけるモチベーションの操作を
誤ったようである。



しぶしぶ歩き始めるが、
道がどんどん下っていく。



岩谷観音縦走17.JPG



下っていく。
目的地にはまだ到達していない。


ということは、
やがてまた来る上り坂[exclamation×2]



萎える[あせあせ(飛び散る汗)]



そこで窓が山での、
さくたろうの名言が頭に浮かんでは消え、
浮かんでは消え、
いや、浮かんだままになる。


登山の理解しがたいのは、
どうせ下りるのに
なぜ登るかということ

ほんま、我ながら名言だわ。



幾度となく繰り返すこの会話。

岩谷観音縦走8.JPG

岩谷観音縦走9.JPG

やがて、落胆以上に、怒りを覚えはじめ、

リタイアするチャンスを伺うのである。


つづく。


人気ブログランキングへ

広島ブログ



犬バカの人、
これ観て~[ハートたち(複数ハート)]

22290860_1894444333904456_1957403858_o.jpg


僕のワンダフルライフ

もう犬が画面出てくるだけで、涙出てくる。

いろいろ細かいことはほっといて
どっぷり号泣。

最後はハッピーエンドなのがいい[るんるん]

映画館で鼻水垂らしてた。




nice!(0)  コメント(0) 
ご注文・お問い合わせは下記まで。
gc_sakura●wf7.so-net.ne.jp
※ 迷惑メール防止のため、●を@に変えて送信してください。


人気ブログランキングへ
br_decobanner_20100130163735.gif
広島ブログ