So-net無料ブログ作成
人気ブログランキングへ
br_decobanner_20100130163735.gif

さくたろう バリ島へ行く♪ その⑥ [プライベート]

はい。3日目でございます。



この日は、
ウブドツアーあれこれ【ウブドde 名所めぐり&ランチ】

ウブドっていう地域は海岸から少し内陸部に入った場所で、
『芸術の村』として知られているそうです。

伝統的な文化や民芸品の数々が見れる。。。と。



で、連れて行かれました。

まずは染色の村。
( ↑ この呼称が正しいのやらどうやら)

ろうけつ染めの説明を受け、
お土産店で自由時間。


そりゃもう買えっちゅうことでしょう。

はい。買いました。
どうせ他でお土産見る時間もないことだし。



続いて、雑貨の村。

いや、これ、ただのお土産店でしょう[たらーっ(汗)]



ろうけつ染めのお店では、
ディスカウントけっこうしてくれたけど、


雑貨のおっさんはムリだった。残念[ふらふら]



気を取り直して、遺跡ゴアガシャへ。

P1010150.JPG

P1010157.JPG

『象の洞窟』という意味だそうですが、
象がいるわけではないようです。


P1010158.JPG

この洞窟です。


口の部分から中に入ります。


中には数か所、ヒンドゥーの神様がお祀りされています。

P1010161.JPG
ガネーシャ(顔は象さん、体は人間。知恵の神様だって)



さして大きくない洞窟でした。



外に沐浴場があり、(ガイドさんは、お清めする場所だと言ってました)

「はい、並んで~」って言われるから
写真撮ってもらったけど、

P1010155.JPG

むしろこんな二の腕なんていらなかった[ふらふら]
人間なしで撮影すれば良かったよ。


後から調べたら、

けっこう最近発掘された遺跡で、
「戦後最大の遺跡」と言われてるって[exclamation×2]


もっとよく見ておけばよかったな。


P1010162.JPG


P1010165.JPG



で、次に訪れたのは、ライステラス。

ようするに棚田ですが。

P1010172.JPG


この辺りは、三毛作と言われるわりに、

刈り取られた後のようで、


かつて見た
安芸太田町の井仁の棚田のほうがよっぽど美しかったです。



ここは写真のみで退散。
( ↑ 正解だな)



ランチ~[レストラン]



P1010185.JPG

どこかのホテルのレストランのようでした。



P1010188.JPG

ビジュアルは、っぽくってサイコー[グッド(上向き矢印)]

お味はいまいち~[たらーっ(汗)]



お次はウブド市場[るんるん]

P1010200.JPG

このド派手な色彩。

P1010218.JPG

P1010220.JPG


ここでは、値切り倒しました[わーい(嬉しい顔)]


しょぼいビーサンが1,500円って言うから、

いや500円でしょ。

1,000円で!

あ。ムリ。Bye[手(パー)]
(しょぼいから特に欲しいわけでもなかったの。あはは)


の押し問答で、最後500円にしてくれたからご購入~[るんるん]


と、お買い物を楽しみました。



その近くのウブド王宮へ。

P1010223.JPG

現在も王の子孫が住んでらっしゃるそうな。

ここではバリニーズダンスというやはり伝統舞踊が有名だそうですが、

このツアーでは写真撮影のみでスルー。



どんどんまいります。


プリ・ルキサン美術館。

ウブドの代表的な美術館だそうです。

ここでしか見られない古き良きバリアート。

しかし芸術的要素が皆無の母・娘にとって
疲れも出てきたころでして[あせあせ(飛び散る汗)]


お友達の作品の色彩に似ていた。

IMG_2072.JPG



外のお庭も、今から考えるとステキなお庭だったのに、

こんな意味不明の写真しか残っておらず[バッド(下向き矢印)]

IMG_2074.JPG



なぜかバロンというヒンドゥーの神様がお気に入りになった
ももぞうが、バロンを見つけいっしょにパチリ[カメラ]

IMG_2075.JPG

ちなみにバロンは獅子の姿の聖獣。善の象徴です。



ここからは、お次のオプションに引き継がれます。



海の寺院タナロット、タマンアユン寺院&ディナー


ということで、タマンアユン寺院へ。


バリ州の文化的景観として世界遺産に登録されています。

18世紀初頭に建造された最大の水の寺院である。
( ↑ ウィキ先生)


確かに城のお堀のように水で囲まれてました。


P1010233.JPG


きれいな広い公園の奥にお寺があります。

ここから先は入れません。


でも外の塀越しから中を見ることができます[手(チョキ)]


P1010248.JPG

これこれ。
見たことあるある[ぴかぴか(新しい)]


この塔はメルと呼ばれるそうですが、

ガイドさんの説明では、

「1階には、一人の神様
 2階には、二人の神様
 11階には、十一人の神様が住んでいらっしゃる」
と言われていたような気がしますが、

なんせ怪しい日本語なんでよくわかんない。

調べたけども、わかりませんでした[たらーっ(汗)]



そして最後は、タナロット寺院へ。

P1010264.JPG
ここから海のほうへ下りていきます。

お祭りのようで、たくさんのヒンドゥー教徒の方がお参りされてました。


P1010274.JPG



P1010275.JPG


潮が満ちると海に浮かんだ寺院になります。


タナロット寺院は、前日行ったウルワツ寺院を建立した
ジャワの高僧ニラルタが建立に関わった(?)

と、怪しい日本語で説明してもらいましたが、

調べると、なんとなく合っていた[わーい(嬉しい顔)]



P1010309.JPG



ここでもスコール前で、夕陽が見れず[もうやだ~(悲しい顔)]



野良猫がひそむレストランでの夕食。
P1010311.JPG

この形式のお食事は2人とも苦手だと判明[もうやだ~(悲しい顔)]



こんな感じで3日目は終了[ダッシュ(走り出すさま)]



人気ブログランキングへ

広島ブログ



もっと詳しく解説してある
日本語のガイドブック持っていけば良かった、、、

と、後悔しきり[ふらふら]








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ご注文・お問い合わせは下記まで。
gc_sakura●wf7.so-net.ne.jp
※ 迷惑メール防止のため、●を@に変えて送信してください。


人気ブログランキングへ
br_decobanner_20100130163735.gif
広島ブログ